« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月12日 (木)

クローズZERO2 DVD

Zero2_3

ようやく買いました。プレミアムエディション盤ですけど!!
スタンダードでは物足りないし、最高エディションは高いし、無難なコレww

表紙が高橋ヒロシさんの絵なのでいいですよ!

もう1回くらい映画作ってほしいですね^^ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月11日 (水)

光HEROビートシャイニングデッキ

シャイニングのデッキを早速作ってみました^^

モンスター

E・HERO アナザー・ネオス×3
E・HERO エアーマン×1
E・HERO プリズマー×3
E・HERO キャプテン・ゴールド×2
E・HERO スパークマン×3
オネスト×3
放浪の勇者 フリード×2
異次元の女戦士×3
冥府の死者 ゴーズ×1

魔法

大嵐×1
サイクロン×1
ミラクル・フュージョン×2
救援光×3
増援×1
摩天楼 スカイスクレイパー×2
Eコール×3
洗脳 ブレインコントロール×1

激流葬×1
聖なるバリア ミラーフォース×1
光の招集×1
ヒーローブラスト×2
奈落の落とし穴×2

こんな感じでビートしながらいきなりTHE シャイニングになって詰めっていう展開をもくろんだデッキです。
シャイニングとフリードとの相性がいい事!フリードの効果後シャイニングの攻撃力は最低でも600アップして3200になります。
さらにフリードやミラクルフュージョンで除外したオネストやらも救援光で再利用できるため意外と戦えます。
さらにアナザーが墓地では通常モンスなのでヒーローブラストでは大抵のレベル4以下のモンスターを破壊できます。
相手がチューナーを出したときなんかも最適ですね!
まあまあ戦えますのでぜひ試してみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月10日 (火)

GX6巻

6_2

今日はこれ買いました^^3冊はもう鉄板ですねw

「E・HERO THE シャイニング」が付いてきますが効果はそんなにって感じですがミラクルフュージョンなどと相性のいいカードだと思いますので、デッキ作ってみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 9日 (月)

最終戦結果

最終戦であるもてぎが終了しましたね。

優勝はNo8 ARTA NSXがポール・トゥ・ウィンでNSXのラストランに花を添えることに成功しました。
シリーズチャンピオンはNo36 PETRONAS TOM's SC430が獲得しました。

GT-Rざまぁwwwwま、前回の九州で汚い事してるんですから当たり前ですがね。
汚い事?とはARTA NSXがインラップに攻め込んでる最中に300クラスのフェアレディZがARTA NSXに突っ込んでタイヤをパンクさせる行為をしましたからね。

で、レースですが、スタートのホールショットはNo8ですが2コーナーでスタートをドンピシャできめたNo36がトップに立ちます。
その後ろでNo1はNo36に先行されてはタイトルが危ういため早めにNo38を攻略したいとこだが全車がノーウェイトなのでなかなかうまくいきません。
さらに何度も仕掛けては失敗を続けているうちにタイヤを壊して万事休す。
タイトル争いから脱落してしまいます。
一方レースはミディアムソフトを選択したNo36が早めにピットイン。一方で2位のNo8はミディアムタイヤを選択して長めのスティントを走り、ピットイン。そこで逆転に成功。しかしNo1が消えたことで2位でもチャンピオンが獲得となるNo36はポジションキープに徹して安全にタイトル獲得を優先。
結局ARTA NSXがそのまま逃げ切り今季2勝目。ラストランの有終の美を飾りました。タイトルは2位でチェッカーを受けたNo36 PETRONAS TOM's SC430の脇坂・ロッテラー組が逆転で獲得しました。
私的には優勝はARTA NSXが、タイトルは寿一選手が獲得してくれて、いい結果に終わってくれてよかったです。

来年はHONDAの新マシンが登場しますので今から楽しみですね!!
来年の開幕戦は3月に鈴鹿サーキットで行われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 7日 (土)

最終戦予選結果

本日最終戦の予選が終了しました。

今回はノックダウン方式を採用しての予選でここ数年もてぎでは恒例となっています。
まず練習走行ではNo36がトップタイム。2位にNo12、3位にNo8という状態。ランキング首位のNo1は7位に終わる。

迎えた第1ピリオド

ここでは1台がノックアウトとなってしまう。
そんな中No32のEPSON NSXが1000分の1秒差でノックアウトとなってしまう。

続く第2ピリオド

ここで4台がノックアウトとなるサバイバルレース。
ここではNo39が好タイムを叩き出して上位に食い込むとかわりにNo12,No24,No100,No17がノックアウトに。
NSXがラストランにもかかわらず3台がノックアウトするという不甲斐ない結果に。

迎えた第3ピリオド
ここではついに最終決戦のポールポジションが決定する。そのなかでNSXが逆襲。
チャンピオンを争う3台は上位に食い込みを見せる中、見事ポールポジションを獲得したのはNo8 ARTA NSXだった。
フロントローにはランキング2位のTOM's SC430が入る。
一方首位のMOTUL GT-Rは5位となりポイント差では有利でも少々厳しいポジションになっている。

明日の決勝は全く読めない展開となり非常に楽しみになってきましたね!
最終決戦は誰が制するのか?決戦の火蓋は明日の14時に切って落とされる!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NSX-GT

ここでNSX-GTについて書いてみたいと思います。
私が知っているのは2000年からですのでそこからの軌跡を書いてみたいと思います。


2000年

この年は何と言ってもNSXがツーリングカーでは鈴鹿サーキットで驚異の2分切りを達成した年で大きな話題となりさらにNSX-GT初タイトルの年でもありました。
タイトルはカストロール無限NSXの道上 龍選手が獲得いたしました。

2001年

この年はさらにタイムを縮めて1分58秒にまでなった年です。

2002年

この年はNSX最強伝説第一章となった年で、全8戦中5勝という驚異の勝利回数を叩き出したまさに最強の年。惜しくもドライバーズタイトルは逃したものの、チームタイトルは獲得。

2003年

新レギュレーションのフラットボトム化による大幅なダウンフォースの減少と前面投影面積ハンデによる20キロのウエイトハンデ搭載+ミッドシップハンデの50キロを背負うというまさにNSX殺しの年。
昨年とは打って変わっての大苦戦だったが、新エンジン投入により第5戦、第6戦を優勝して見せ、HONDAの底力を見せたシーズンでした。

2004年

エンジンをターボ化に踏み切るが大外れ。バージョン2エンジンと呼ばれる新エンジン搭載でもかろうじて1勝に終わる。

2005年

NSXに限定モデルで市販して新型車を投入した年。ターボ化も熟成が進みそれなりに戦えるようになったもののまだまだ熟成不足だったのだが、NAエンジンへ換装してマシンバランスが向上して一気にトップレベルのポテンシャルに引き戻されるも運がなく第7戦にようやく優勝してタイトルを争うも敗北。

2006年

開幕戦は予選ワンツーでも突風によりダウンフォースが抜けてしまい、レクサスに完敗。その後2勝するもタイトル奪取ならず。。。

2007年

まさにNSX最強伝説の年。
開幕戦は予選トップ4独占。しかも8号車が前人未到のツーリングカーではまさに驚異のポールタイム「1分49秒842」をマークし歴史を大きく動かした。各ドライバーも「明日これと勝負するの?勝てるわけねぇじゃん」と口をそろえるほどのマシンになっていた。
しかしトラブルでファイナルラップにリタイアという波乱が起きるもかろうじて3位に滑り込む。
だが8号車が第2戦、第5戦、第8戦を優勝。とくにウエイトハンデをシーズン通して約100搭載状態ながら上位を常に走行。
NSX全車がシーズン通して強さを発揮!
第8戦の優勝で最終戦を待たずしてタイトル獲得という500クラスでは史上初の快挙を成し遂げ、9戦中6ポール、4勝の最強シーズン。

2008年

またしてもその牙を抜かれる性能調整ハンデを受けて苦戦。
辛くも1勝してタイトル争いにぎりぎり食い込むも完敗。

2009年

近年のGTに合わないマシン設計があだとなり苦戦を強いられる。
最終戦にタイトルを残すも絶望的。
ラストランを受け有終の美を飾るべく逆転タイトルに望みを託す。

こんな感じですかね。
同車によるポール獲得回数、優勝回数はいまだに破られない偉大な記録を残すNSXをこれからも忘れないでほしいです。
来年からは何で出てくるのかわかりませんが、NSXは永遠に語り継がれる素晴らしいマシンだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いよいよ最終戦

復活後の最初の記事はやはり本日から行われるGT最終戦もてぎ決戦ですね!
泣いても笑っても今年最後のバトルですから楽しみです。

現時点でタイトルの可能性を残しているのはNo1 MOTUL GT-R、No36 TOM's SC430、No8 ARTA NSXの3台のみ。

No1がポイントリーダーでもてぎ入り、5ポイント差でNo36、17ポイント差でNo8となっています。
おそらく1号車と36号車の一騎打ち感が否めませんがなんとか8号車も頑張っていただきたいです。

そして今季限りでNSXが参戦終了となってしまうことが先日発表されましたので何がなんでもチャンピオンを獲得して有終の美を飾っていただきたいですね!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついに復活!!

ようやく復活に辿り着きました。。
パソコンは先月末に治ったのですが、今度はついに私も新型インフルエンザにやられてしまいました(汗
でももう大丈夫!!すっかり良くなったのでこれから更新していこうと思います。
ぜひぜひ見てくださいね。しょうもないブログですがよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »